自分で現金化してクレジットカードがブラックリスト?

クレジットカードの現金化は、自分で行うこともできます。 還元率を考え、手数料の問題も考慮すると、自分で行ったほうが得だろうと思うでしょう。 それならいっそ、自分で行ったほうがいいではないかと考えるからです。 自分でできる方法をいろいろと考えていることでしょう。 しかし、ここに大きなデメリットがあることも知らなければいけません。

自分で行うには、転売ということをすることになるでしょう。 手数料はかかりませんが、いくらで売れるのかという差の部分が出てくることを忘れてはいけません。 これが還元率になってきますので、大きなメリットとなるとは限らないのです。 たとえば、新品で10万円のものを購入しても、8万円で買い取ってくれるとは限りません。 7万円どころか、5万円になる可能性もあるのです。 これは、買取り側の事情によって異なりますので、はっきりと決まってくるわけではないでしょう。

もうひとつ、ブラックリストに入れられて、クレジットカードの利用自体を止められてしまう可能性があるということです。 簡単に考え、新幹線のチケットを大量に購入し、金券ショップに転売したとします。 誰でもできる方法ですし、還元率も非常に高いため、魅力的に映るのです。 ですが、クレジットカード会社では、こうした転売を禁止しており、日々チェックされていると思わなければいけません。 大量に購入するものではない以上、異常な取引として考えられる可能性が高く、利用を止められる可能性が出てくるのです。

自分で行っていくとするのであれば、こうした異常な取引と思われないようにしていかなければいけないでしょう。 もしも、ブラックリストに入れられたりすれば、ほかのカードも作れなくなる可能性が出てきます。 その点、キャッシュバック付き商品の購入は、禁止されている取引とは異なりますし、クレジットカード会社のチェック対象とも違うのです。 手数料は取られますが、確実に現金化できるという点も考慮しておかなければいけないでしょう。


↑ PAGE TOP