会社概要をどうやって判断するのか

クレジットカードの現金化を行う上で、会社概要をのぞいてみたりすることが重要です。 悪意を持って行っているところもあるのは事実であり、そういったところに引っかかったりしないためにも、必ず確認するべきことであるといえる でしょう。 しかし、会社概要は、文字情報が並んでいるだけのものです。 どんな部分に注意して見抜くのか、しっかりとポイントを抑えておかなければいけません。

会社概要の中には、細かな情報がかかれています。 これらは、通信販売をするうえで、必ず利用者に対して開示したうえで与えなければいけない情報です。 特定商取引法にのっとったものであり、しっかりしたところでは、間違いなく抑えていますので、判断する材料にすることができるといえるでしょ う。

必ず記載しなければいけない情報があり、その点を抑えるだけでも違います。 まず、事業者名と住所電話番号は、必ず提示しなければいけません。 これがなければ、何かあった時に問合せすることができませんので、いい加減になっているようなところは悪質であると考えることができるでしょ う。

次に書かれていたとしても、それが本当かどうかという問題が出てきます。 現在のインターネットであれば、住所を入力すれば、そこがどんな場所かすぐに判別することができるでしょう。 こうした場所で経営をしていることも登録するべきことになりますので、あまりにおかしな場所の場合には、注意が必要となります。 最近では、レンタルオフィスなどもあり、判別しにくい部分もありますが、怪しいと思ったら近づかないこともリスクをとれば当然です。

電話番号が、携帯だったりするのであれば、取引しないほうがいいでしょう。 一般の番号の場合にも、必ずかけて確認する必要があります。 話すことは、何も難しいことを聞く必要はありません。 還元率は正しいものなのか、どんな取引をすることになるのか、基本的なことを聞いて確認することが大切です。 こうしたことが、すんなりと答えられないようでは、危険性は高いと考えるべきでしょう。


↑ PAGE TOP